トリニティーライン ジェルクリームプレミアとほうれい線

ほうれい線

若い頃は意識もしなかったほうれい線。30頃からだんだんと目立ってき40代になるとクッキリ目立ってしまいます。そんな老いの印象を与えてしまうほうれい線はトリニティーライン ジェルクリームプレミアで対策することが可能なのでしょうか。

ほうれい線はどうしてできる?

鼻の両側からできるハの字のシワ(ほうれい線)はどうのようにしてできるのでしょうか。ほうれい線は年を重ねるごとに、たるんだ部分がシワ・ほうれい線へとなってしまいます。

 

肌がたるむことで出来るほうれい線の原因は肌の乾燥、紫外線の影響、表情筋や首の筋肉の衰えなど。
また、同じ表情を何度もすることでできてしまうこともあります。

ほうれい線のケアは

 

トリニティーライン ジェルクリームプレミアでできるほうれい線のケアは保湿です。化粧品でできるケアは保湿しかありません。保湿が基本的なエイジングケアといわれているように、ほうれい線への対策も保湿はかなり有効的です。

 

 

ほとんど方が肌の乾燥が気になっていると思います。

 

ほうれい線は肌の乾燥とも大きく関係しており、肌が乾燥すると肌の防御機能も弱まり、紫外線の影響を受けやすい肌質となります。ハリを維持しているコラーゲンが紫外線よって傷つけられればハリを失いほうれい線の原因となるわけです。肌のハリがなくなる延長にほうれい線があります。

 

肌が乾燥することで、ターンオーバーが乱れ、ほうれい線を悪化させてしまうことにもなります。

 

保湿ケアにはセラミドが非常に重要です。

 

トリニティーラインはセラミド2が配合されたオールインワン

 

トリニティーラインは高濃度で保湿成分を配合しています。
セラミドだけでなく、ほうれい線にはコラーゲンも必要です。それというのも、ハリは肌のコーラゲンなどでで維持しています。トリニティーライン ジェルクリームプレミアはマリンコラーゲンを使っています。

 

本来、コラーゲンは分子が大きい為に、肌への浸透は難しかったのです。しかし、コラーゲンの分子を小さくすることで、肌へ浸透できるようにしたのが、マリンコラーゲンといわけです。

 

勿論、トリニティーラインの美容成分はセラミドやコラーゲンだではありません。その他にも沢山の美容成分が配合されています。

 

ほうれい線の対策あれこれ

 

口周りの筋肉

 

口を閉めて、口に空気を入れて、頬を膨らませて10秒程度キープ。1日、数回することで、口周りの筋力が鍛えられる

 

 

あいうえお体操

 

ほうれい線のケアで有名な「あいうえお」体操。できるだけ口を大きく開けて、数秒間キープ。

 

 

舌で体操

 

口を閉めて、下で口周りをグルグルと回します。まずは左まわり10、右回り10から。やってみると意外と疲れます。口周りの筋肉が鍛えられるのがわかります。

化粧水
ヤフーやグーグルの検索を見てみると、ほうれい線 化粧水とありますが、化粧水ではほうれい線のケアはできません。それというもの化粧水の成分はほとんどが水です。いくら有効成分が入っていたとしても、ほうれい線の対策とはなりません。

 

最後に

 

ほうれい線は顔の作りによってできやすい人とできにく人があります。これはどうしようもありません。

 

現に私自身、頬骨が高く、頬の肉が多いので20代の頃からほうれい線は目立ってしました。

 

しかし、トリニティーライン ジェルクリームプレミアを毎日使い、しっかりと保湿されることで、肌にハリが生まれました。

 

ほうれい線が消えたわけではありませんが、ハリがあるのとないのとでは大違いです。

 

>>トリニティーラインジェルクリームの口コミレビューはコチラ