トリニティーラインのオールインワンは物足りない?

物足りない

ドクタープログラムが開発したオールイインワンジェル(トリニティーライン ジェルクリームプレミア)お客さんの満足度も高く人気です。しかし、その一方で物足りなかったという口コミもありました。果たしてトリニティーラインは満足できるオールインワンなのでしょうか。

 

オールインワンが物足りない?

 

トリニティーラインが物足りないという人の言う人は過去に化粧水・美容液・クリームと1つずつケアして、初めてのオールインワンがトリニティーラインの方が多いようです。

 

確かに、オールインワンは全てを一つに集約した化粧品にるので、各アイテムを1本ずつ使うの比べると保湿力が落ちてしまいます。

 

オールインワンの利用者のアンケートによると、1?5位は1本で簡単にケアできる、時間が短縮できるなどメリットがランクインしていますが、デメリットの物足いが6位にランクインしています。

 

トリニティーラインに限らずオールインワンを使って満足している意見も多い反面、はやり物足りないという意見もそれなりにあるということです。

 

肌の質や季節

 

肌は毎日、同じではありません。毎日、同じ化粧品を付けても凄く浸透するときもあれば、浸透が悪い時ありますよね?分かりやすいのがメイクのノリです。ファンデーションがピタッとのってくれるときもあれば、どんな評判のいいファンデーションを使っても上手くのらないことがあります。生理前後や寝不足、ストレスなど様々な要因がによって肌の質が日々違うのも事実です。

 

また季節も関係しています。トリニティーラインは保湿力は高いですが、いつまでもベタベタするオールインワンではありません。体験談になりますが、夏に使った場合は肌に塗った直後は適度な潤いを感じ、数分後には浸透してくれているので、もっちりとした感じです

 

 

翌朝も適度な潤いが持続してくれるので、朝はそのままメイクできるほどです。湿気が多く蒸し暑い時期には適しています。冬は外の気温も低いので、夏とは違います。夜付けても朝まで潤いキープとまでいきません。ただこれは夏と同じ量を使った場合です。夏の場合より少し多めにつけてあげることで、冬でもトリニティーライン ジェルクリームプレミアだけでケアをすますこともできます。

 

化粧水・美容液・クリームを使っても物足りない時って必ずあると思います。その時、化粧水?美容液?それともクリーム?何が足りないのかわからなくなりますが、オールイワンは全てが集約されているので、量を増やすだけで、物足りなさを解決できるのもメリットになるわけです。

 

肌の質も違えば、トリニティーラインを使う時期も違うので一概に物足りないのでは?と不安になることはありません。

 

付け足すのもOK

40代の私はトリニティーライン ジェルクリームプレミア1本で年中ケアしています。ですが、ジェルを付ける前に化粧水を付けるのもいいですし、後にクリームを付けるのもいいと思います。

 

中でもオールイワンを使う前に化粧水を使っている方が多いようです。

 

しかし、物足りないさを感じるのであれば、化粧水では意味がない思います。なぜなら化粧水はほとんどが水でできてるからです。保湿されるわけではありません。肌を整える役割だといわれています。

 

化粧水の文化は日本独自、海外では化粧水などありません。なので、化粧水を付けるのなら、美容液を付けたほうがいいです。

 

トリニティーラインの保湿

トリニティーラインは95%が美容成分で作られたオールイワンジェルです。
40代の私が使ってもこれだけで十分エイジングケアできています。日々の肌の変化、季節によって量を使い分けることで、物足りなく感じることはありません。

 

それは、トリニティーラインには保湿で重要なセラミドを豊富に配合しているからではないかと思います。ベタベタといつまでも続くオールイワンではありません。しかし、肌の中からしっかりと保湿されているので、使っているうちに離せなくなるアイテムですよ。

 

>>トリニティーラインジェルクリームの口コミレビューはコチラ